猫グッズ番外編 村上春樹さんの猫作品

ねこグッズ
06 /03 2014
はじめに言っておきますが…
私は「ハルキスト」と呼ばれるものではありません。笑

今回は猫グッズ番外編〜

昨日、ねこのしおりの紹介の時に、「1Q84」を出したので♪


そう、
知っている方もいるでしょうが、
村上春樹さんの作品には…

猫ちゃんが出てくるのです♪♪♪(*´ω`)ぽわーん

1Q84
IMG_3949.jpg
読んでなくても日本人なら(世界の人も?)題名は知っている人多いよね(;´∀`)
主人公の天吾君と青豆さん(女性:人の名字ですよー)のお話。
(こんな簡単にまとめてスミマセン)
全6巻。
話の後半に、猫だけしかいない猫の町のお話が出てきます!!!(∩´∀`)∩
1Q84の話の中で、天吾君が「猫の町」のお話を読むんです。
それをきっかけに、滞っていた物事が進展していくのです…。
村上春樹さんの作品が2つ同時に読めるようで、それもまたおトクな感じがしました♪
1Q84は村上作品の中では、他の物に比べて明るい(?)終わりで、他の作品より読みやすく、
読むのが遅い私でも、ちょこちょこ読みながら1ヵ月半くらいで6巻全て読み終えることができました♪
続編とかでないのかな〜?

でも…

IMG_3951.jpg
巻数の読み方がまぎらわしい…"(-""-)"
BOOK1〜BOOK3までそれぞれに前後編があり、表紙と背表紙でちがう…。(表紙は1〜6って書いてあるのに)
買う時注意!( ;∀;)
本屋さんでも間違っておかれているのを見かけます。
BOOK1の前編の次にBOOK2の後編を置いてたりね…。。




ねじまき鳥クロニクル
IMG_3952.jpg
IMG_3953.jpg
これは1Q84よりもずーっと前のお話です。
1Q84が出るまでは、これが一番の長編だったのです。
長編小説を読みたくて買ったのですが…

話がちぃーっとグロイです。。( ;∀;)ガーン。。
特に2巻は。。
戦争の話など出てくるので、殺戮シーンが苦手な方にはおすすめできません。。
私も読むのを途中でやめようかと思いましたがなんとか読み終えました。。

でも、猫ちゃんはでてきますよー♪(*´ω`)C
主人公の飼い猫がある日帰ってこなくなったことから物語が始まります。

やっぱりこの物語でも猫がキーパーソン(キーニャーソン?)なんですね♪




それから、持ってはいないのですが(正確には姉が持っている)
「海辺のカフカ」
という作品にも猫が出てきます。
しかも、かなり重要な役割をはたしているのです!!
猫と話ができるおじいちゃんとか出てきます(*´ω`)
猫の魂をぬくとかいうおやじとおじいちゃんが戦います…(゚Д゚;)))))コワいよー

「海辺のカフカ」は私が高校生の時に出た作品。
初めて読んだまともな小説です。(子供向きじゃない小説ってことです(^^♪)
ニュースで本の売り上げベスト5で、何週も連続で上下巻がランクインしているのを見て、
学校の図書館に行って借りました。図書カードの名前の第1号でした♪(∩´∀`)∩

上下巻に分かれた長編の小説など読んだことがなく、時間はかかりましたが、
最後まで興味をひかれたままどんどんのめりこんで読み進めてしまったことは
今でも覚えています。




その後、村上作品だけでなく小説を読む事はなかったのですが、
高校3年の春に学外模試を受けた時の事…

現代文のテストで出た物語の抜粋がとても気になり、
題名が乗っていたので、その後図書館で調べてみるとあったので借りて読みました。
その物語は…



「ノルウェイの森」

でした。



作者を知らずに興味を惹かれて調べてみるとこれまた村上作品だったのです!( ゚Д゚)

同じ人の作品に惹かれるなんて…。。
その高校でのできごと以来、本を読む機会の少ない私でも、
村上春樹さんの物語だけは読むようになったんです♪



本を読むことって時間がないとできないけれど、
頑張って時間を作ってでも、そういう時間は大切にしなきゃ…と思うようになってきました。
読書は人の内面を豊かにするっていうしね♪(*´ω`)




こんな真面目な記事になってきちゃったけど、
ホワッツマイケル?(猫漫画)とか、11ぴきのねこ(猫絵本)とかも好きですよ〜(;´∀`)


え?知らない?( ゚Д゚)
大丈夫〜
また、猫グッズカウントで紹介しまーす♪(∩´∀`)∩

IMG_3572_20140603030704e94.jpg


にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村
↑ポチッと応援お願い致します♪
次回更新のミナモトです♪( *´艸`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ノルウェイの森だけかなー読んだことあるの
しかもかなり昔で
実はもう内容をほぼ忘れてます^_^;
1Q84に猫が出てくるとは知らなかったなー
最後モミモミしてるんですね
この素材がいいのかな~可愛いです(^u^)

No title

フムフム・・・なるほど、
村上春樹さんの小説には、猫ちゃんが出てくるんですね~。
一度、読んでみようかしら・・・。
いつも、私、小説は、前回のコメントのように推理小説ばかりなので、
どんなものか、ちょっと興味湧きました!

もみもみしている姿も、可愛い!(*´`)

Re: No title

♪もちゅみさん
私もノルウェイの森は高校の時に読んで以来読んでませんが、
数年前に映画版を見に行きました。松山ケンイチが主役です(;´∀`)
なので、ストーリーは覚えていますが…映画で見ると、より暗い話に見えました…笑

もみもみ…この素材が好きみたいです(*´ω`)
でも暑くなってきたので最近は前ほど乗らなくなりました。
そろそろ片づけ時かしらー(;´∀`)

Re: No title

♪海斗さん
村上春樹さんは猫好きなのかもですね(;´∀`)
私は読んだことないですが、「空飛び猫」という外国の童話の和訳もしてますし♪♪
「海辺のカフカ」は東京と私の地元の香川県が舞台になっています。地名や建物も実際にあるものが出てくるので
地元民としてもなんだか嬉しい作品でした♪
推理小説はなんだか頭がよくなりそうですねッ!!
私の頭ではついていけない可能性が…
金田一少年の事件簿ですら、理解が及ばない時があります…泣

No title

ノルウェーの森は読んでどうでしたか?
私はジ~ンと来て辛かったですね。
ずっと後を引きましたよ(:_;)

Re: No title

♪マメちゃんママさん
ノルウェイの森は考えさせられる話でした…。
小説は前の記事にも書きまたが、現代文のテストに抜粋されていたものを読んだだけでかなり興味が惹かれたお話だっただけに、引き込まれるように読んでしまいました。
私は読むのが遅いほうですが、この本に出合って「今まで面白い本を読んだことがなかっただけだったんだ…。」と感じました…笑
確かに読んだ後にいろんな感情が残りました…(´・ω・`)
こんな話をしていたら、また読みたくなってきました!
でも、映画はエロスと暗さが際立ちすぎてて…、映画館で見ていて正直疲れてしまいました( ;∀;)
カメラワークに途中酔ってしまいました。。
あの物語を映像で表現するのは難しそう。。私はやっぱり小説の方が好きです。(*´ω`)

村上作品

私も村上作品は全部読んだ訳ではないですが、「羊を
冒険」にも出て来ますね。猫なのに「いわし」と名付けられて(笑)

Re: 村上作品

♪神尾さん
そうなんですか!?(゚Д゚;)
その作品は読んだことがないです…でも猫が出てくるなら今度よんでみます!笑
ちなみに『ねじまき鳥クロニクル』の主人公の飼い猫の名前も、
はじめは「ワタヤ・ノボル」という名前ですが、途中から「サワラ」という名前になります。
また魚の名前…笑

ワタヤ ノボル

そうそう、なぜ嫌いな人の名前を付けるのか、正直謎ですよね(笑)

Re: ワタヤ ノボル

♪神尾さん
ですよね…笑
しかも結構な嫌い度合いですよね。(;'∀')
愛猫にそんな人物の名前をつけるなんて…笑
サワラという名前は可愛いですよね(;´∀`)

ねこってる

特技:猫もみ・だらける・寝る
性格:猫好き・めんどくさがり・空想家

ブログを放置していた間に結婚・出産を経験。
時々実家に帰り、猫に癒されながら育児に奮闘中(゚∀゚)